貨物船の衝突事故 沈没の船内で男性1人死亡 千葉 銚子沖

貨物船の衝突事故 沈没の船内で男性1人死亡 千葉 銚子沖
26日未明、千葉県銚子市の犬吠埼の沖合で貨物船どうしが衝突し、一方の船が沈没して4人が行方不明になった事故で、沈没した船の内部から乗組員の男性1人が見つかり、死亡が確認されました。海上保安本部は引き続き、残る3人の捜索にあたることにしています。
26日午前2時すぎ、千葉県銚子市の犬吠埼から南に11キロ余りの海上で、愛媛県今治市の海運会社の貨物船、「千勝丸(499トン)」と広島県呉市の海運会社の貨物船、「すみほう丸(499トン)」が衝突しました。

第3管区海上保安本部によりますと、このうち千勝丸が沈没して、乗っていた5人のうち一等航海士で鹿児島県指宿市の上村一文さん(60)、二等航海士で静岡市の矢野彰さん(72)、機関長で秋田市の瀬野博さん(69)、一等機関士で愛媛県今治市の馬越才五さん(67)の4人の行方がわからなくなりました。

その後、水深およそ30メートルの海底に千勝丸が横倒しになって沈んでいることがわかり、これまでの捜索で船内から矢野さんが見つかりましたが死亡が確認されました。

海上保安本部は引き続き、現場海域で残る3人の捜索にあたるとともに、事故原因の特定を進めることにしています。

また、国の運輸安全委員会はすみほう丸が停泊している茨城県の鹿島港に27日、船舶事故調査官3人を派遣し、船体の損傷状況などを調べる予定です。