トランプ大統領 大相撲を観戦 米大統領杯を授与

トランプ大統領 大相撲を観戦 米大統領杯を授与
k10011930141_201905261753_201905261754.mp4
日本を訪れているアメリカのトランプ大統領は26日夕方、安倍総理大臣とともに大相撲を観戦し、優勝した朝乃山に対し、みずから「アメリカ大統領杯」を手渡しました。
令和になって初めての国賓として日本を訪れているトランプ大統領は、千葉県茂原市のゴルフ場で、安倍総理大臣とともにプロゴルファーの青木功さんを交えてコースを回り、共通の趣味のゴルフを通じて親交を深めました。

このあと両首脳は、それぞれヘリコプターで都内に戻り、両夫人とともに東京 両国の国技館で千秋楽を迎えた大相撲夏場所を観戦しました。
現役のアメリカ大統領が大相撲を観戦するのは、初めてです。

両首脳が、場内に姿をあらわすと観客が一斉に立ち上がって大きな歓声と拍手が起こり、スマートフォンなどでさかんに撮影したのに対し、トランプ大統領は、手を振って応えていました。

両首脳は、正面の「マス席」に設置されたソファーに座り、日本相撲協会の八角理事長から説明を受けながら、後半の取組5番を観戦しました。

また、安倍総理大臣が土俵を指さすなどしてトランプ大統領に説明する場面もみられました。

優勝力士の表彰式では、安倍総理大臣が総理大臣杯を渡したのに続き、トランプ大統領はスリッパを履いて土俵に上がり、高さ137センチ、重さおよそ30キロの「アメリカ大統領杯」を朝乃山に手渡しました。

トランプ大統領が「アメリカ大統領杯」を渡す際の介添え役を務めた、日本相撲協会の西岩親方は「緊張した。控え室で大統領と打ち合わせをした際には、全部持ってくれと言われたが、実際には、大統領が全部持っていて僕が手を添えるだけだった。一生の記念になると思う。大相撲が世界中に発展していくといいと思う」と話していました。

両首脳夫妻はこのあと、東京 六本木の居酒屋で炉端焼きを楽しむ予定で、27日はトランプ大統領の就任後11回目となる日米首脳会談を行うことにしています。