北海道 佐呂間町で最高気温が39度超 各地で熱中症に厳重警戒を

北海道 佐呂間町で最高気温が39度超 各地で熱中症に厳重警戒を
k10011929861_201905261500_201905261501.mp4
全国的に暑くなり、特に北海道では佐呂間町で最高気温が39度を超えたほか、帯広市では38度8分と120年以上の観測史上最も高くなるなど、危険な暑さとなっています。北日本から西日本にかけての各地で35度前後に達し、5月の暑さの記録を更新していて熱中症に厳重な警戒が必要です。
気象庁によりますと、上空の暖かい空気と強い日ざしの影響で全国的に暑くなり、特に北海道では暖かい空気が吹きおろし、猛烈な暑さになっています。

北海道佐呂間町では、午後2時すぎに気温が39度5分に達し、北海道内の真夏を含む年間を通じた最高気温の記録を更新しました。

午後3時までの最高気温は帯広市と足寄町、池田町で38度8分に達し、このうち帯広市では、明治25年から127年間の観測史上最も高くなりました。

また、東北や関東甲信で猛暑日となっているほか西日本でも気温が上がり、午後3時までの最高気温は
▽福島県伊達市で35度9分、
▽埼玉県鳩山町で35度8分、
▽福島市で35度3分、
▽大分県日田市で34度6分、
▽鳥取市で34度2分となっています。

東京の都心でも32度6分まで上がり、5月としては観測史上最も高い気温を記録し、初めて3日連続で真夏日となりました。

体が、まだ暑さに慣れていない時期に記録的な高温となり危険な暑さになっています。

こまめに水分を補給するほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け室内では冷房を適切に使うなど、熱中症に厳重に警戒してください。

佐呂間町の観光客は

北海道のオホーツク海側の佐呂間町は午後2時すぎに気温が39度5分に達し、道の駅では厳しい暑さをしのぐ人の姿が見られました。

佐呂間町の道の駅「サロマ湖」では午後1時ごろ、観光客など大勢の人が休憩に訪れて水分を補給をしたり、アイスクリームを食べたりして暑さをしのいでいました。

登山の帰りに立ち寄ったという女性は「山は休みながらなんとか登りました。ここでソフトクリームを食べて糖分をとってから家に帰ります」と話していました。

ホタテ焼きの屋台で働く男性は「小屋の中は40度を超えるほど暑いので、食材の管理が大変です」と話していました。

道の駅のスタッフの女性は「お客に快適に過ごしてもらいたいので、きょうは早めに冷房を稼働させました。暑さに負けないよう元気に接客していきたい」と話していました。