北海道 帯広で37度5分 5月の全国最高気温記録を更新

北海道 帯広で37度5分 5月の全国最高気温記録を更新
k10011929801_201905261209_201905261210.mp4
全国的に午前中から暑くなり、北海道帯広市では午前11時半ごろに気温が37度5分に達し、5月として全国で最も高い気温の記録を更新するなど、北海道の各地で5月として観測史上初めて35度以上の猛暑日になっています。26日は、北日本から西日本の広い範囲で猛暑日や真夏日が続出し、5月として記録的な暑さになる見込みで熱中症に警戒が必要です。
気象庁によりますと、上空の暖かい空気と強い日ざしの影響で、午前中から気温がぐんぐん上がっています。

北海道では、強い日ざしに加え上空から暖かい空気が吹きおろし、各地で猛暑日となり、帯広市では午前11時23分に気温が37度5分に達し、平成5年5月に埼玉県秩父市で観測した37度2分を超え、5月として全国で最も高い気温の記録を更新しました。

北海道では午前11時半までの最高気温が
▽更別村で36度9分、
▽女満別空港で36度8分など、5月として観測史上初めて35度以上の猛暑日となっています。

また、北日本から西日本の広い範囲で気温が上がり、すでに30度以上の真夏日になっていて、午前11時半までの最高気温は
▽茨城県大子町で34度3分、
▽福島市で33度2分、
▽富山市で32度1分、
▽東京の都心で31度5分、
▽京都市で30度3分などとなっています。

東京の都心では5月としては観測史上初めて3日連続で真夏日となりました。
このあとも気温はさらに上がりる見込みで、日中の最高気温は、
▽北海道の北見市と帯広市、福島市で36度、
▽山形市、前橋市、甲府市、岐阜市、京都市、大分県日田市などで35度と猛暑日が予想されています。

また、
▽名古屋市などで34度、
▽東京の都心や札幌市、長野市、福井市、岡山市、熊本市などで33度と予想され、北日本から西日本の広い範囲で5月としては記録的な暑さになる見込みです。

体がまだ暑さに慣れていないうえ、高温の日が続いています。

こまめに水分を補給するほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を適切に使うなど、熱中症に警戒してください。
猛烈な暑さとなっている北海道帯広市のJR帯広駅前では道行く人たちが日ざしを避けるように日陰を歩いたり、日傘を差して歩いたりする姿が多く見られました。

東京から夫婦で旅行に来ていた50代の女性は「北海道は涼しいイメージがあったので驚いています。日ざしが強いので日焼けすると大変です」と話していました。

また、帯広市に住む30代の男性は「あまりに暑いので噴水で子どもたちと水遊びするために来ました。これ以上気温は上がってほしくないです。塩飴をなめて熱中症対策をしています」と話していました。

また、この男性の12歳の息子は「溶けちゃいそうなほど暑いです。帽子をかぶらないと熱中症になりそうです」と話していました。