貨物船どうしが衝突 4人行方不明 千葉 銚子沖

貨物船どうしが衝突 4人行方不明 千葉 銚子沖
k10011929631_201905261227_201905261231.mp4
26日未明、千葉県銚子市の犬吠埼の沖合で貨物船どうしが衝突し、このうち1隻が沈没して乗組員4人が行方不明になり、海上保安本部が巡視船を出すなどして捜索に当たっています。
第3管区海上保安本部によりますと、26日午前2時すぎ、千葉県銚子市の犬吠埼から南に11キロ余りの海上で、愛媛県今治市の海運会社の貨物船「千勝丸」と広島県呉市の海運会社の貨物船「すみほう丸」が衝突しました。

このうち千勝丸が沈没して、乗っていた5人のうち、

一等航海士で鹿児島県指宿市の上村一文さん(60)、
二等航海士で静岡市の矢野彰さん(72)、
機関長で秋田市の瀬野博さん(69)、
一等機関士で愛媛県今治市の馬越才五さん(67)の
4人の行方がわからなくなっています。

千勝丸の60歳の男性船長は海上保安本部の巡視船に救助されて無事だったということです。

一方、すみほう丸には4人が乗っていましたが、いずれもけがはなく、現在は船とともに茨城県の鹿島港に移されて、海上保安本部から聞き取りを受けているということです。

沈没した千勝丸は、およそ1300トンの鋼材を積んで25日夜、鹿島港を出港し大阪に向かう途中で、もう一方のすみほう丸も鋼材を積んで千葉県の市川港から仙台に向かっていました。

当時、現場の海域は、霧がかかっていて視界が悪かったということで、海上保安本部が事故の原因を調べるとともに、巡視船やヘリコプターを出して引き続き行方不明者の捜索に当たっています。

25日夜から濃霧注意報

銚子地方気象台によりますと、事故当時、県内には25日夜から濃霧注意報が発表され、現在も解除されていません。衝突事故があった26日午前2時ごろ、現場海域ではもやが出て視界はあまりよくなかったおそれがあるということです。

「すみほう丸」所有会社の社長ら千葉へ

衝突した2隻の貨物船のうち、「すみほう丸」を所有する広島県呉市の海運会社の役員は、NHKの取材に対し「まだ詳細がわからず、会社の顧問と社長が千葉県に確認のため向かっている。当時、船に乗っていた4人はいずれも会社の社員で、全員無事が確認されていると聞いている」と話しています。