プロ野球 森脇の好リリーフで西武5連勝 2位浮上

プロ野球 森脇の好リリーフで西武5連勝 2位浮上
プロ野球は6試合が行われ、パ・リーグでは、西武が5連勝で2位に浮上しました。

パ・リーグ

西武対日本ハムは西武が7対5で勝ちました。
西武は5対5の7回、押し出しのフォアボールと栗山選手の犠牲フライで2点を勝ち越しました。3人目のルーキー森脇投手が好リリーフで2勝目。西武は今シーズン初の5連勝で、2位に浮上しました。
日本ハムは4回に清宮選手の2点タイムリーツーベースなどで5点差を追いつきましたが、及びませんでした。

ロッテ対ソフトバンクはロッテが4対3で勝ちました。
ロッテは2対3の7回、清田選手が4試合連続ホームランとなる5号ツーランを打って逆転しました。3人目で登板した4年目の東條投手がプロ初勝利をあげました。
ソフトバンクは6回、相手のエラーに乗じて2点をあげましたが、7回に2人目の松田遼馬投手がピンチをしのげませんでした。

楽天対オリックスはオリックスが4対1で勝ちました。
オリックスは同点の8回、吉田正尚選手の2点タイムリーとロメロ選手のタイムリーで3点を勝ち越しました。投げては5人のピッチャーが1点に抑えました。
楽天はおよそ2か月ぶり先発の岸投手が7回1失点と好投しましたが、打線の援護がありませんでした。

セリーグ

巨人対広島は広島が7対5で勝ちました。
広島は2回、ダブルプレーの間に1点を先制し、3回に菊池涼介選手の4号ソロ、4回にはジョンソン投手のタイムリーなどで3点をあげました。先発したジョンソン投手は8回途中4失点で4勝目。広島は3年ぶりの11連勝です。
巨人は8回に4点を取って追い上げましたが及びませんでした。

DeNA対阪神はDeNAが6対5で勝ちました。
DeNAは1点リードの6回、宮崎選手のタイムリーなど4本のヒットを集めて一挙5点をあげました。ルーキーの上茶谷投手は、完封をねらった9回にスリーランホームランを打たれるなどしてマウンドを降りましたが、チームは継投で逃げきり、2勝目を挙げました。DeNAの阪神戦の連敗は7でストップです。
阪神は反撃が遅く連勝が4で止まりました。

ヤクルト対中日は中日が10対3で勝ちました。
中日は2対2の4回、堂上選手の3号ソロで勝ち越し、2点リードの8回には高橋選手が満塁で走者一掃のタイムリースリーベースを打つなどして5点を加え、試合を決めました。先発の柳投手は5回2失点で4勝目。中日は4位に上がりました。
ヤクルトは3本のソロホームランによる3点に終わって10連敗となり、5位に後退しました。