J1 FC東京が今シーズン初黒星

サッカーJ1は第13節の3試合が行われ、首位のFC東京がセレッソ大阪に0対1で敗れ、今シーズン初黒星を喫しました。
セレッソは、後半33分にブルーノ・メンデス選手が決勝ゴールを挙げました。
開幕から唯一負けがなかったFC東京は、6試合ぶりに失点し、今シーズン初黒星です。

北海道コンサドーレ札幌対ガンバ大阪は、0対0で引き分けました。

清水エスパルス対ベガルタ仙台は、エスパルスが4対3で勝ちました。
エスパルスは3対3で迎えた後半44分に、ドウグラス選手が決勝ゴールを決め、5試合ぶりの勝利を挙げ、最下位を脱出しました。

第13節の残り6試合は26日に行われます。