大阪と京都 熱中症の疑いで搬送

大阪と京都 熱中症の疑いで搬送
大阪府内の各地の消防によりますと、25日午後5時までに大阪府内で合わせて22人が熱中症の疑いで病院に搬送されたということです。
このうち、箕面市では、2つの小学校で行われていた運動会で、午後1時ごろから午後3時ごろにかけて5人の児童が頭痛や吐き気を訴えて病院に運ばれました。

いずれの児童も症状は軽いということです。

京都でも

消防によりますと、25日午後5時半までに京都府内では合わせて18人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されたということです。

このうち、八幡市では10歳の男の子がサッカーの試合中に熱中症とみられる症状を訴え、病院に運ばれました。

いずれも軽症だということです。