九州でことし全国初の猛暑日 あすも記録的な暑さ続く見込み

九州でことし全国初の猛暑日 あすも記録的な暑さ続く見込み
25日は、九州でことし全国で初めて最高気温が35度の猛暑日を観測するなど、西日本から北日本の各地で5月としては記録的な暑さとなりました。26日は、25日より気温が高くなるところが多く記録的な暑さが続く見込みで、熱中症に十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、25日も全国的に高気圧に覆われ、西日本から北日本の広い範囲で厳しい暑さとなりました。

日中の最高気温は、大分県竹田市で35度ちょうどと、ことし全国で初めて猛暑日となりました。

また、京都府舞鶴市で34度6分、岐阜県多治見市と愛媛県大洲市で34度5分、福井市で33度9分、奈良市で33度6分、札幌市で31度1分などと、全国900余りの観測点のうち140の観測点で、5月としては観測史上、最も高くなりました。

東京の都心でも31度9分まで気温が上がり、全国で合わせて425の観測点で30度以上の真夏日となりました。

26日は、25日より気温が上がるところが多く、5月としては記録的な暑さが続く見込みです。

26日の日中の最高気温は、福島市で36度、北海道帯広市や埼玉県熊谷市、甲府市、岐阜市、京都市、大分県日田市で35度と猛暑日が予想されているほか、名古屋市で34度、東京の都心や富山市、岡山市で33度などと予想されています。

体がまだ暑さに慣れていない上、高温の日が続いています。気象庁は、各地に高温注意情報を出して、こまめに水分を補給するほか、屋外ではできるだけ日ざしを避け、室内では冷房を適切に使うなど、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。