「令和」の書のレプリカの展示始まる 国立公文書館

「令和」の書のレプリカの展示始まる 国立公文書館
k10011928681_201905251222_201905251222.mp4
新元号「令和」の発表で菅官房長官が掲げた書のレプリカの一般公開が、25日から国立公文書館で始まりました。
新元号「令和」の発表で菅官房長官が掲げた書について、内閣府は、早期の公開を求める声が多く寄せられたことからレプリカを作成し、25日から東京 千代田区の国立公文書館で展示しています。

レプリカは、縦40センチほど、横30センチほどの実物と同じ大きさで、発表の時と同じ、奉書紙と呼ばれる丈夫な和紙と、ホワイトアッシュという木材の額縁が使われています。

公文書館の展示室を訪れた人たちは、顔を近づけて鑑賞したり、スマートフォンで写真に収めたりしていました。

旅行で東京を訪れていたという北海道の54歳の男性は「レプリカとはいえテレビで見ていたものなので感動しました。バランスの良い字で、これから令和の時代を生きていくんだと改めて感じました」と話していました。

内閣府は、公文書管理法などに基づいて、再来年4月に実物の書を公文書館に移管することを検討していて、レプリカはそれまでの間、展示する予定だということです。