日産とルノー 来週、トップ会談へ 注目されるルノーの出方

日産とルノー 来週、トップ会談へ 注目されるルノーの出方
k10011928421_201905250511_201905250528.mp4
経営統合をめぐる立場の違いが際立っている日産自動車とルノー。ルノーの経営トップは、来週、日本で開かれる企業連合の会議に出席する予定で、日産に対してどのような出方をするのかが注目されます。
日産自動車とルノーをめぐっては、ルノー側が日産との経営統合を求める一方、日産社内では経営の自主性が失われるとして反発する意見が出ていて、西川廣人社長はルノーによる提案の受け入れを拒否しています。

こうした中、三菱自動車工業を含めた3社連合の会議が今月29日に横浜市の日産本社で開かれる予定で、ルノーのスナール会長とボロレCEOが来日する見通しです。関係者によりますと、日産とルノーは3社連合の会議の日程に合わせて、トップ会談を行う方向で調整を進めています。

ルノーが経営統合を求めるのは、自国の自動車産業を守りたいフランス政府の意向が強く働いているものとみられ、トップ会談などの場でルノー側がどのような出方をするのかが注目されます。

日産は来月25日の株主総会で、西川社長が続投するとともに、ルノーの経営トップ2人を取締役とする新たな経営体制を諮ることにしていて、提携の在り方をめぐる駆け引きが当面、焦点になりそうです。