逮捕の老人ホーム元職員 同僚に「静かにさせてきた」

逮捕の老人ホーム元職員 同僚に「静かにさせてきた」
k10011926801_201905240507_201905240511.mp4
東京 品川区の有料老人ホームに入居していた82歳の男性を殺害したとして逮捕された元職員が、部屋から出ようとする男性を足をつかんで室内に引きずり込んだあと、「静かにさせてきた」と同僚に話していたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は、この時間帯に暴行した疑いがあるとみて捜査しています。
先月、東京・品川区の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」に入居していた黒澤喜八郎さん(当時82歳)が死亡し、警視庁は、施設の元職員で介護福祉士の根本智紀容疑者(28)が暴行を加えて死亡させたとして、殺人の疑いで逮捕しました。

施設の防犯カメラには、半身不随のため、はうように部屋から出ようとする黒澤さんの足をつかんで室内に引きずり込む根本容疑者の姿が映っていたということですが、その行為のあと、「静かにさせてきた」と一緒に勤務していた同僚の職員に話していたことが捜査関係者への取材でわかりました。

防犯カメラには、その後、黒澤さんが部屋から出てくる様子はうつっておらず、意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡しました。警視庁は、この時間帯に暴行した疑いがあるとみて捜査しています。

これまでの調べに対し、根本容疑者は「暴行を加えたことはない」と容疑を否認しているということです。

履歴書には介護への思い

根本容疑者の履歴書には、「私は将来的に介護に携わっていきたいと考えており、資格も取得し、技術的にもスキルアップしていきたいと考えています。介護に懸ける思いは負けません。これまで病院・施設で培ってきた介護でお役に立てればと思います」と介護の仕事への思いがつづられています。