シャープ ファーウェイとの取り引きが米措置に該当するか調査

シャープ ファーウェイとの取り引きが米措置に該当するか調査
シャープは、中国の通信機器大手「ファーウェイ」に提供している電子部品などが、取り引きを禁じるアメリカ政府の措置に該当するのか、調査していることを明らかにしました。
シャープによりますと、調査しているのはファーウェイに提供している電子部品などです。

ファーウェイをめぐっては、アメリカ政府が取り引きを禁じる措置を取っているため、自社の製品が該当するか調査しているということです。調査の結果、該当する場合は「規制に従い対応する」方針だとしていて、ファーウェイとの取り引きを中止する可能性があるとみられます。

提供している電子部品などはシャープの業績に大きな影響を与える金額ではないとしています。

ファーウェイと取り引きでは、パナソニックが製品の一部の提供を中止する方針を決めています。