広島が8連勝で首位 プロ野球結果

広島が8連勝で首位 プロ野球結果
プロ野球は雨で1試合が中止となって5試合が行われ、セ・リーグでは広島が8連勝で首位に立ちました。

セ・リーグ

広島対中日は広島が3対2で勝ちました。

広島は5回に菊池涼介選手の2点タイムリーヒットで先制し、8回には松山選手の押し出しのフォアボールで追加点をあげました。先発の野村投手は7回をヒット3本に抑え、無失点の好投で3勝目。広島は8連勝で試合のなかった巨人に代わって単独首位に立ちました。中日は9回に抑えの中崎投手から2点を奪い、さらに2アウト満塁のチャンスと攻めましたが、あと1本が出ませんでした。

阪神対ヤクルトは、阪神が3対2で勝ちました。

阪神は1対1の4回に梅野選手のタイムリーツーベースと木浪選手のタイムリーヒットで2点を勝ち越しました。阪神は連敗を3で止め、勝ち越しを1として単独3位となりました。先発の青柳投手はランナーを出しても冷静にボールを低めに集め、6回1失点で4勝目をあげています。ヤクルトは4つのダブルプレーなどで打線がつながらず、6連敗で勝率が5割を割りました。

巨人対DeNAは雨のため中止となりました。

パ・リーグ

西武対ソフトバンクは西武が7対6で勝ちました。

西武は2回に栗山選手のツーランホームラン咲紀で先制し、5回には外崎選手のタイムリーヒットなどで2点を追加しました。そして1点リードの7回には山川選手の20号スリーランで突き放しました。先発の十亀投手は6回1失点で2勝目。西武は勝率を5割に戻しました。ソフトバンクは終盤、追いあげましたが及ばず、連勝が3で止まりました。

日本ハム対楽天は楽天が13対3で勝ちました。

楽天は1回、銀次選手のタイムリーツーベースヒットで2点を先制。このあと3回に2点を加え、さらに6回には浅村選手の3試合連続となる12号スリーランなどで4点を追加し、今シーズン最多の13得点をあげて3連勝です。今シーズン初登板の塩見投手が6回2失点で勝ち投手になっています。一方、日本ハムは3連敗です。

オリックス対ロッテはロッテが8対4で勝ちました。

ロッテは2点を追う5回、清田選手のスリーランホームランなどで4点を奪って逆転しました。6回に追いつかれましたが、9回、代打・角中選手のタイムリーヒットなどで4点を勝ち越し、突き放しました。ロッテの3人目、酒居投手が1回無失点で2勝目をあげています。オリックスは9回に登板した増井投手が守りのミスも絡んで崩れ、競り合いを落としました。