インドネシア 再選のジョコ大統領「国の平和守る」

インドネシア 再選のジョコ大統領「国の平和守る」
インドネシアの大統領選挙で再選が正式に決まった現職のジョコ大統領は、「すべての人々の大統領として、国の平和を守り、国民を豊かにするために働きたい」と述べて、次の5年間の任期もインドネシアの繁栄のために力を尽くす考えを強調しました。
先月17日に投票が行われたインドネシアの大統領選挙は、21日開票結果が発表され、現職で2期目を目指したジョコ大統領が55.5%、軍の元幹部のプラボウォ氏が44.5%で、ジョコ大統領の再選が正式に決まりました。

これを受けてジョコ大統領は支持者を前に演説し、「人々から寄せられた信頼に感謝したい。すべての人々の大統領として、国の平和を守り、国民を豊かにするために働きたい」と述べて、次の5年間の任期もインドネシアの繁栄のために力を尽くす考えを強調しました。

一方、プラボウォ氏は記者会見で、開票作業などに大規模な不正があったと改めて主張し、憲法裁判所に異議を申し立てる考えを明らかにしました。

また首都ジャカルタでは、プラボウォ氏の支持者が抗議デモを計画していて、国家警察では3万人余りを配置して警戒を強める構えで、今後、混乱が起きることも懸念されます。