「徴用」仲裁委開催に応諾を 官房長官が駐日韓国大使に要請

「徴用」仲裁委開催に応諾を 官房長官が駐日韓国大使に要請
k10011923611_201905211518_201905211520.mp4
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、日本政府が韓国政府に対して請求権協定に基づく仲裁委員会の開催を要請したことを踏まえ、菅官房長官は着任のあいさつに訪れた韓国のナム・グァンピョ駐日大使に対し、速やかに開催に応じるよう要請しました。
菅官房長官は21日午前、総理大臣官邸で、着任のあいさつに訪れた韓国のナム・グァンピョ駐日大使と会談しました。

この中で菅官房長官は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、日本政府が韓国政府に対し、日韓請求権協定に基づいて第三国を交えた仲裁委員会を開催するよう要請したことを踏まえ、「この問題は韓国政府の責任で早く解決してほしい」と述べました。

そのうえで、韓国政府は協定上の義務を負っているとして、速やかに開催に応じるよう要請しました。

また両氏は、北朝鮮への対応をめぐって日本と韓国の連携が重要だという認識で一致しました。

ナム大使は午後に再び総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣にも着任のあいさつをしました。