柴山文科相「氏名の英語表記は名字を先に」

柴山文科相「氏名の英語表記は名字を先に」
日本人の氏名の英語表記について、柴山文部科学大臣は以前の審議会の答申を踏まえ、名字を先にするよう関係機関などに要請する考えを示しました。
日本人の氏名の英語表記は、一般的に欧米にならって名字と名前を逆さまにしていますが、平成12年に当時の文部省の国語審議会は、言語や文化の多様性を生かすため名字を先にするのが望ましいとする答申を出しています。

これに関連して、柴山文部科学大臣は記者会見で「答申から20年近くが経過したが必ずしも趣旨が十分に共有されていない。残念ながら私の名刺もローマ字の表記は、名前、名字の順番になっている」と述べました。

そのうえで、まずは文部科学省の英語のホームページなどの表記を変更する考えを示すとともに「強制力を持った形で行うことを想定しているわけではないが、関係機関や報道機関などに要請していきたい」と述べました。

河野外相 「各国報道機関に要請したい」

河野外務大臣は、記者会見で「習近平国家主席がシー・チーピンとかムン大統領がムン・ジェインという風に表記する外国の報道機関が多いわけで、安倍晋三も同様にアベ・シンゾーと表記してもらうことが望ましい。令和という新しい時代にもなり東京オリンピックなども控えているので、各国の主要な国際報道機関に姓名の順番での表記を要請したい。国内のメディアの中にも英語のメディアを持っているところがあると思うので、ぜひ配慮してほしい」と述べました。