政治

首相「日朝首脳会談はめども立っていない」実現目指す考え強調

安倍総理大臣は拉致被害者の家族らが開いた集会で「残念ながら日朝首脳会談は、めども立っていないのは事実だ」と述べたうえで、問題の解決に向けて、首脳会談の実現を目指す考えを強調しました。
この集会は、拉致被害者の家族会などが、毎年、春と秋に東京都内で開いているもので、安倍総理大臣と拉致問題担当大臣を兼務する菅官房長官が出席しました。

この中で、安倍総理大臣は「拉致問題は、今日まで解決できなかった問題であり、そう簡単なことではない。残念ながら日朝首脳会談は、めども立っていないのは事実だ」と述べました。

そのうえで「解決に向けてわが国自身が主体的に取り組まなければならず、私自身がキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長と直接向き合わなければならないとの決意だ。条件を付けずにキム委員長と会って直接に、率直に、虚心坦懐に話をしたい」と述べ、日朝首脳会談の実現を目指す考えを強調しました。

集会に先立って安倍総理大臣は、横田めぐみさんの母親の早紀江さんらと面会し、今月25日から日本を訪れるトランプ大統領が、おととしに続いて再び家族らと面会することについて触れ「大統領は自分も力になりたいという気持ちを強く持っている」と述べました。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。