NGT48 山口真帆さん「自分の人生 強く歩む」卒業公演

NGT48 山口真帆さん「自分の人生 強く歩む」卒業公演
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」をめぐる騒動が続く中、メンバーの山口真帆さんが18日夜、新潟市で行われた公演を最後にグループを卒業しました。
「NGT48」をめぐっては、山口真帆さんの自宅にファンが押しかけてトラブルになったことがことし1月に明らかになり、山口さんは先月、およそ3か月ぶりに出演した公演の中でグループを卒業することを明らかにしました。

18日夜、新潟市で行われた卒業公演に、一緒にグループを卒業することを決めた長谷川玲奈さんと菅原りこさんとともに出演しました。

3人はゲストとして参加したほかのメンバーも交えて2時間余りにわたって歌などのパフォーマンスを披露し、「NGT48」などの総合プロデューサーを務める秋元康さんが18日の公演のために作ったという歌を声を詰まらせながら歌いました。

最後にそれぞれファンヘメッセージを送り、山口さんは今後の具体的な活動については触れませんでしたが「ファンの皆さんに出会え、みんなに愛してもらえて幸せな3年半でした。また皆さんに会えるように自分の人生をしっかり強く歩んでいろんな人に元気を与えられる人になりたいと思います」と感謝の思いを述べました。

山口さんはこれまで運営会社の「AKS」が、ファンとのトラブルに対して納得のいく十分な対策をとらなかったなどとツイッターなどで批判してきましたが、18日の公演では言及しませんでした。

ファンの声「最後の笑顔良かった」「真相明らかにして」

卒業公演を劇場内のモニターで見たという新潟市の36歳の男性は「3人が最後に笑顔でいてくれたことが本当に良かった。自分としてはグループに残ってほしかったが、これからも3人を精いっぱい応援したい。運営会社の対応には納得がいかないので、問題の真相は明らかにしてほしい」と話していました。

山形県の25歳の男性は「山口さんがきっかけでNGT48に興味を持ったので、本当に残念で、こうした形の別れは悲しいです。NGTをきっかけに新潟の観光地などにも出かけていましたが、これからは難しくなると思います」と話していました。

トラブルそして卒業 騒動はやまず

山口さんは青森県出身で、4年前のグループ結成時からメンバーとして活動し、去年からは2つあったチームのうち「チームG」の副キャプテンを務めていました。

去年12月に新潟市の自宅にファンが押しかけてトラブルになったことを、ことし1月、動画投稿サイトなどで訴えました。

山口さんは、運営会社「AKS」がトラブルに対して納得のいく十分な対策をとらなかった、などとツイッター上で批判。

3月に「AKS」がトラブルの原因を調べた第三者委員会の報告書について記者会見した際には、会見中のAKS幹部の発言などに対し「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」などとツイートし、幹部がその内容を確認しながら報道陣からの質問に答える一幕もありました。

先月およそ3か月ぶりに出演した公演で「NGT48を卒業します。ここにはアイドルができる場所がなくなってしまいました。正しいことをしている人が報われない世の中でも正しいことをしている人が損をしてしまう世の中であってはいけないと私は思います」などと述べ、グループを卒業することを明らかにしました。

第三者委員会の報告書の内容やAKSの対応について依然としてファンなどから批判が出ているほか、新潟ではNGT48が出演する企業のテレビコマーシャルが相次いで終了するなど、一連の騒動は収束していません。