東京六大学野球 法政大の安本 6試合連続ホームランならず

東京六大学野球 法政大の安本 6試合連続ホームランならず
東京六大学野球でリーグ記録に並ぶ5試合連続ホームランを打っていた法政大の安本竜二選手は、18日の試合でホームランは出ず、新記録の達成はなりませんでしたが、2本のヒットを打ってチームの勝利に貢献しました。
この春のリーグ戦で5試合連続ホームランを打ち、リーグ記録に並んでいる法政大4年の安本選手は18日、神宮球場で行われた早稲田大との1回戦に「3番・サード」で先発出場しました。

安本選手は1回の第1打席でセンター前にヒットを打ちましたが、3回の第2打席はレフトライナー、6回の第3打席はセンターフライに倒れました。

そして0対0で迎えた8回、2アウトランナーなしの場面ではレフト線にツーベースを打ち、続く伊藤寛士選手のタイムリーで先制のホームを踏みました。

安本選手はこの試合でホームランが出ず、新記録の達成は逃しましたが、2本のヒットを打ってチームの2対0の勝利に貢献しました。

安本選手は「球場の異様な雰囲気は少し感じていたが、自分のスイングをしっかりしようと心がけた。結果的にホームランは出なかったが、勝ててよかった」と振り返りました。

そのうえで1シーズンのホームラン記録まであと2本に迫っていることについては「打てたらいいが、打点や勝負強さにこだわってやっていきたい」と話していました。