自民 岸田政調会長 “菅氏発言は一般論だが一寸先は闇”

自民 岸田政調会長 “菅氏発言は一般論だが一寸先は闇”
菅官房長官が、今の国会で内閣不信任決議案が提出された場合、衆議院解散の大義になり得るという認識を示したことについて、自民党の岸田政務調査会長は、菅氏の発言は、一般論だとしながらも、「一寸先は闇だ」として、あらゆる事態に備える必要があると指摘しました。
夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」をめぐって菅官房長官は17日、今の国会で野党が安倍内閣に対する不信任決議案を提出した場合、衆議院解散の大義になり得るという認識を示しました。

これについて自民党の岸田政務調査会長は18日、福岡市で記者団に対し、「官房長官の発言は一般論として話したのだと思っている。衆参同日選挙をめぐっては、さまざまな発言があちこちから出てきており、今まで以上に緊張感を持って注視していきたい」と述べました。

そのうえで、「一寸先は闇で、何が起こるか分からないのが政治の世界の常識だ。あらゆる事態に備える心構えは持っておかなければならない」と指摘しました。

甘利選対委員長「解散の可能性極めて低い」

また、自民党の甘利選挙対策委員長は18日、党新潟県連の大会で、「理屈の上ではもちろん大義になり得るが、解散の可能性は極めて低いのではないかというのが菅官房長官本人の真意だ」と指摘しました。

そのうえで、「私は選挙対策委員長として、衆議院議員に対し常在戦場だと言っているが、それは参議院選挙を自分の選挙のつもりで戦うよう、しったとして言っているつもりだ」と説明しました。

また甘利氏は、参議院新潟選挙区選出の塚田前国土交通副大臣が道路整備をめぐって「そんたくした」と発言し辞任したことに触れ、「不用意な発言で大変ご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げる」と陳謝しました。