「不信任決議案は解散の大義」衆参同日選も想定し準備へ

「不信任決議案は解散の大義」衆参同日選も想定し準備へ
今の国会で、安倍内閣に対する不信任決議案を野党が提出した場合、菅官房長官は、衆議院解散の大義になり得るという認識を示しました。与野党双方からは、「解散風が強まる」という声も出ていて、「衆参同日選挙」も想定しながら準備が加速されそうです。
夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」をめぐって、菅官房長官は、17日、記者団から、今の国会終盤で、安倍内閣に対する不信任決議案を野党が提出した場合、衆議院を解散する大義になると思うかと問われ、「当然なるのではないか」と述べました。

与党内からは、「官房長官が解散の大義に言及した意味は大きく、解散風が強まるだろう」という見方や、「あくまで一般論として、当たり前の発言をしたのではないか」という冷静な受け止めも出ています。

これに対し、野党側は、立憲民主党の福山幹事長が「大義がないので、不信任案の提出を大義にせざるをえないのではないか」と批判した一方、「野党に対するけん制の意味合いもあるだろうが、解散風は強くなるだろう。選挙の準備を進めるだけだ」といった声が出ています。

17日、全国幹事長会議を開いた立憲民主党の枝野代表は、「衆参ダブル選挙になる可能性もかなり出てきており、準備を進めていかないとならない状況だ」と述べるなど「同日選挙」も想定しながら与野党双方の準備が加速されそうです。