山火事 半日近く燃え続ける 愛媛 四国中央

山火事 半日近く燃え続ける 愛媛 四国中央
k10011920451_201905180543_201905180544.mp4
17日夜、愛媛県四国中央市で大規模な山火事が発生し、これまでに32ヘクタールが焼け、半日近くがたっても燃え続けています。
17日午後10時半ごろ、愛媛県四国中央市土居町天満の山林から火が出ていると、消防に通報がありました。

消防車41台と愛媛県のヘリコプター、それに消防隊員などおよそ300人が出て消火活動が行われていて、消防によりますと、午前9時までに山林およそ32ヘクタールが焼けたということです。

火の勢いは弱まっているものの、半日近くがたっても鎮火していません。

今のところけが人はなく、山火事の現場と最寄りの住宅との間に川があるため、住宅に延焼するおそれはないとみられるということです。

現場は、JR予讃線の伊予土居駅から北西に3キロほどの山林で、松山地方気象台によりますと、四国中央市は17日夜から風の強い状態が続いているということです。