社会

池袋の母子死亡事故 87歳のドライバーから任意で聴取

東京 池袋で歩行者などが乗用車に次々にはねられて2人が死亡した事故で、警視庁は18日、乗用車の87歳のドライバーを警察署に呼んで任意で事情を聴きました。警視庁は、アクセルの踏み間違いなど運転ミスが原因とみて調べています。
先月19日、東京 池袋で、乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、10人が重軽傷を負いました。

運転していたのは旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(87)で、けがをして入院していましたが、18日、退院したことから警視庁が任意で事情を聴きました。

元職員は帽子にサングラス、マスク姿で、午前10時すぎにタクシーで警察署の前に到着し、つえをつきながらおぼつかない足取りで建物に入りました。
記者からの問いかけには「申し訳ありません」とだけ話しました。

事情聴取はおよそ5時間にわたって行われ、当時の運転の状況などを確認したということです。

警視庁によりますと、事故の直後や入院中には「アクセルが戻らなくなった」「ブレーキを踏んだが利かなかった」などと話していたということです。

一方、これまでの調べで現場にブレーキの痕はなく、車の不具合も確認されなかったいうことで、警視庁はブレーキをかけようとしてアクセルを誤って踏み込むなど、運転ミスが原因とみて捜査しています。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。