首位巨人 連敗を4で止める

首位巨人 連敗を4で止める
プロ野球は5試合が行われ、セ・リーグでは首位の巨人が連敗を4で止めました。

セ・リーグ

中日対巨人は巨人が4対1で勝ちました。

巨人は6回、岡本選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を先制し、9回には炭谷選手のタイムリーツーベースで追加点を挙げました。先発のヤングマン投手は6回途中1失点で3勝目。澤村投手が今シーズン初セーブを挙げました。巨人の連敗は4でストップです。中日はプロ初登板のドラフト3位ルーキー、勝野投手が6回3失点と試合を作りましたが、打線が援護できませんでした。

阪神対広島は広島が10対2で勝ちました。

広島は1点を追う8回、菊池涼介選手とバティスタ選手の連続タイムリーで逆転し、9回にはヒット7本を集めて一挙7点を挙げ、突き放しました。3人目の九里投手が今シーズン初勝利。広島は5連勝です。阪神は好投の西投手が8回につかまりました。

ヤクルト対DeNAはDeNAが4対3で勝ちました。

DeNAは3回、神里選手と宮崎選手、それにソト選手の3者連続のタイムリーツーベースで3点を先制。4回にはロペス選手の8号ソロで追加点を挙げました。先発の今永投手は7回途中3失点でリーグトップに並ぶ5勝目です。競り負けたヤクルトは3連敗です。

パ・リーグ

ロッテ対楽天はロッテが6対1で勝ちました。

ロッテは1点リードの2回にレアード選手が14号ソロを打ち、7回には鈴木選手が3号満塁ホームランを打ってリードを広げました。先発の二木投手は7回無失点の好投で4勝目です。楽天は打線が振るわず、勝率が5割を切りました。

オリックス対西武は西武が延長10回7対5で勝ちました。

西武は5対5の10回、森選手の犠牲フライと中村選手の8号ソロで2点を勝ち越しました。3人目の増田投手が3勝目です。オリックスは2度リードされながらも追いつく粘りを見せましたが、最後は力尽きました。