「生か死か」SNSでアンケート後に少女が自殺か マレーシア

「生か死か」SNSでアンケート後に少女が自殺か マレーシア
マレーシアの16歳の少女がSNSのインスタグラムで「死ぬ」か「生きる」かを選ぶアンケートを行ったあと、ビルから飛び降りて死亡しました。少女の死は社会に衝撃をもって受け止められ、徹底的な調査を求める声が高まっています。
現地のメディアによりますと、今月13日、マレーシア東部のボルネオ島で、16歳の少女がビルの3階から飛び降りて死亡しました。
少女はこの直前、インスタグラムに「本当に大事なことです。死ぬか生きるか選ぶのを手伝って」と投稿してアンケートを行っていました。
アンケートは「死ぬ」と「生きる」の2択で、回答した人の69%が「死ぬ」に投票したということです。

現地の警察は、少女が家庭内の問題をきっかけに精神的に落ち込んでいたとしていて、少女が自殺を図ったものとみてSNSの投稿との関連について捜査しています。

少女の死は社会に衝撃をもって受け止められていて、マレーシアの青少年に関わる政策を担当する大臣がツイッターに「国として深刻に受け止めなければならない問題だ」と投稿するなど、徹底的な調査を求める声が高まっています。

インスタグラムをめぐっては、おととしにもイギリスの当時14歳の少女が自殺する前に自傷行為や自殺をほのめかす投稿をしていたことがわかり、ことし2月には自傷行為に関わる画像やことばの投稿を禁止するなどの対策を取っていました。