東京 渋谷の児童養護施設刺殺事件 元入所者を不起訴

東京 渋谷の児童養護施設刺殺事件 元入所者を不起訴
k10011920171_201905172059_201905172104.mp4
ことし2月、東京 渋谷区の児童養護施設で施設長の男性が刺されて殺害された事件で、逮捕された22歳の元入所者について、東京地方検察庁は刑事責任能力を調べるなどした結果、17日、不起訴にしました。
ことし2月、東京 渋谷区の児童養護施設「若草寮」で、施設長の大森信也さん(46)を包丁で刺して殺害したとして、4年前まで施設で暮らしていた22歳の元入所者が殺人の疑いで逮捕されました。

警視庁によりますと、調べに対し「恨みがあり、施設の関係者なら誰でもよかった」などと供述していたということです。

東京地方検察庁は、ことし3月から今月まで鑑定留置をして刑事責任能力を調べるなどした結果、17日、不起訴にしました。

東京地方裁判所は、検察からの申し立てを受け、医療観察法に基づき適切な医療を受けさせるための鑑定入院を命じました。