大相撲夏場所 6連勝は鶴竜と栃ノ心の2人に

大相撲夏場所 6連勝は鶴竜と栃ノ心の2人に
k10011920041_201905171934_201905172005.mp4
大相撲夏場所は6日目。初日からの6連勝は横綱 鶴竜と大関復帰を目指す栃ノ心の2人となりました。
中入り後の勝敗です。

琴恵光に大翔鵬は大翔鵬が上手出し投げで勝ちました。

千代翔馬に徳勝龍は千代翔馬がすくい投げ。

石浦に千代丸は石浦が寄り切り。

佐田の海に照強は佐田の海が寄り切り。

矢後に炎鵬は炎鵬が上手ひねりで勝って3日目から4連勝。
5勝1敗と星を伸ばしました。

栃煌山に志摩ノ海は栃煌山がはたき込み。

松鳳山に錦木は錦木が押し出し。

友風に輝は友風がはたき込み。

朝乃山に阿武咲は阿武咲が押し出しで勝ちました。
朝乃山の初日からの連勝は5で止まり、平幕の勝ちっ放しはいなくなりました。

嘉風に魁聖は魁聖が押し出し。

正代に妙義龍は妙義龍が押し出し。

竜電に明生は竜電が上手投げ。

阿炎に宝富士は宝富士が押し出し。

隠岐の海に遠藤は遠藤が上手出し投げ。

北勝富士に碧山は北勝富士が押し出し。

御嶽海に琴奨菊は御嶽海が寄り切り。

栃ノ心に逸ノ城は栃ノ心が寄り切り。
大関復帰を目指す栃ノ心は初日から6連勝です。

大関 高安に玉鷲は玉鷲が送り出しで勝ちました。

千代大龍に大関 豪栄道は千代大龍が引き落としで勝ちました。

高安と豪栄道の両大関はともに3勝3敗となりました。

横綱 鶴竜に大栄翔は鶴竜がはたき込みで勝って6連勝です。

幕内最軽量の炎鵬「自分から仕掛けていこうと」

幕内で最も軽い体重99キロの炎鵬は5勝目をあげ「止まったら相手のペースなので自分から仕掛けていこうと思っていた。相撲勘はいい。決め所が見えている」と充実した表情を見せていました。

阿武咲に敗れ今場所初黒星を喫した朝乃山は「やっと1回負けたのであすからからまた切り替える。負けていないので、どこかで緊張したかもしれない。体が固くなったあすから思い切っていく」と苦笑いを浮かべていました。

一方、勝った阿武咲は連敗を「3」で止め、「狙いどおり。今までも動きは悪くなかったので落ち着いていこうと思っていた。ここからじゃないですか」と話し、巻き返しを誓っていました。

琴奨菊に勝って4勝目をあげた小結・御嶽海は「自分の考えたとおりにいけたのがよかった。相手が見えている。乗っていかないといけないかな」と話し、手応えを感じている様子でした。

一方、敗れた琴奨菊は17日で幕内の通算出場回数が歴代単独9位の1222回となりました。琴奨菊は「すごいこと。たくさん先輩がいるなかで今も戦えるありがたみ。いろんなことがあるが喜ぶのは引退してから。一日一番、精いっぱいやるだけです」と話していました。

大関復帰を目指す栃ノ心は逸ノ城との関脇どうしの1分を超える相撲を制して6連勝。栃ノ心は「危なかった。腕がぱんぱん。がまんしてよかった」と興奮気味に振り返っていました。

大関 高安に勝って3勝目をあげた玉鷲は「師匠に右を使うようにいわれてそのとおりにしたらよかった」とご機嫌でした。

大関 豪栄道にはたき込みで勝って2勝目をあげた千代大龍は「踏み込みもむこうが速くて差されて、何もできなかった。でも白星につながってくれてよかった。これで落ちる枚数が少し減りました」と笑顔でした。

横綱 鶴竜は平幕の大栄翔を土俵際ではたき込んで6連勝。鶴竜は「最後は体が反応した。いい相撲ではないけど、余裕があった」と話していました。