インドネシア 大統領選挙結果発表時にテロ計画で逮捕

インドネシア 大統領選挙結果発表時にテロ計画で逮捕
インドネシアの国家警察は、大統領選挙の公式結果が発表される予定の今月22日にテロを計画していたとして、イスラム過激派組織のメンバー29人を逮捕したと発表し、今後も取締りを強化する考えを示しました。
インドネシアの国家警察は、17日の記者会見で、今月22日に予定されている大統領選挙の開票結果の発表に合わせて、テロを計画していたなどとして、今月、過激派組織IS=イスラミック・ステートに忠誠を誓うイスラム過激派組織のメンバー29人を逮捕し、爆弾などを押収したと発表しました。

逮捕されたメンバーのうち9人はISに参加するため、シリアに渡航し、現地で戦闘に参加した経験があるということです。

今月22日の大統領選挙の公式結果の発表に合わせて、再選が有力視されている現職のジョコ大統領の陣営は集会を開く予定にしているほか、元軍幹部のプラボウォ陣営は、選挙の開票作業に大規模な不正があったとして抗議活動を行う考えを示しています。

警察は記者会見で、テロを計画している過激派組織のメンバーがまだ逃走している可能性があり、引き続き、取締りを強化する考えを示したうえで、双方の支持者に対して当日は街頭で活動を行わないよう呼びかけています。