在日米軍の軍事郵便で大麻密輸容疑の元軍人ら 不起訴 横浜地検

在日米軍の軍事郵便で大麻密輸容疑の元軍人ら 不起訴 横浜地検
k10011919971_201905172057_201905172058.mp4
在日アメリカ軍の関係者が利用する郵便制度で乾燥大麻を国内に密輸したとして逮捕された神奈川県横須賀市に住む28歳の元軍人について、横浜地方検察庁は17日、不起訴にしました。
横須賀市に住む在日アメリカ軍の28歳の元軍人は、軍の関係者が私用に使う「非公用軍事郵便」で乾燥大麻を日本国内で売りさばく目的でアメリカから密輸したとして大麻取締法違反の疑いで先月、警察に逮捕されました。

この元軍人について横浜地方検察庁は17日、不起訴にしました。

また大麻の密輸に関わったとして一緒に逮捕された、元軍人の知り合いでアメリカ人の22歳の女性についても、横浜地検は先月26日付けで不起訴にしています。

検察はいずれも不起訴の詳しい理由を明らかにしていませんが、警察によりますと2人は逮捕後の調べに対し、「大麻とは知らなかった」などと、いずれも容疑を否認していたということです。