三重 鈴鹿の男性殺害事件 妻の交際相手に懲役14年の判決

三重 鈴鹿の男性殺害事件 妻の交際相手に懲役14年の判決
去年、三重県鈴鹿市で25歳の男性が殺害された事件の裁判で、男性の妻とともに殺人などの罪に問われている妻の交際相手の男に、津地方裁判所は、実行行為は認定できないとしたうえで「共犯とともに殺害したことにかわりはない」として、懲役14年の判決を言い渡しました。
鈴鹿市の飲食店経営、横山富士子被告(46)と交際相手の上山真生被告(30)は去年5月、共謀して横山被告の夫の麗輝さん(25)に暴行を加えたうえ、延長コードで首を絞めるなどして殺害したとして、殺人と暴行の罪に問われています。

このうち上山被告の裁判が先週から津地方裁判所で開かれていて、被告は起訴された内容を認める一方、「首を絞めたのは自分ではない」と実行役を否定しました。

17日の判決で田中伸一裁判長はどちらが実行役だったかは認定できないとしたうえで「共犯とともに麗輝さんを殺害したことにかわりはない」などとして、検察の懲役17年の求刑に対し、懲役14年を言い渡しました。