園児死亡事故 右折した車運転の女を起訴 大津地検

園児死亡事故 右折した車運転の女を起訴 大津地検
今月、大津市で、散歩中の保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故で、大津地方検察庁は、右折しようとして直進の車と衝突した車を運転していた52歳の女を、過失運転致死傷の罪で起訴しました。
起訴されたのは大津市の新立文子被告(52)で、大津地方検察庁によりますと、今月8日、大津市内の交差点で、対向車線を直進してくる車を確認しないまま右折して衝突事故を起こし、歩道で信号待ちをしていた保育園児と保育士16人の列に直進の車を突っ込ませて、園児2人を死亡、ほかの14人にもけがをさせたとして、過失運転致死傷の罪に問われています。

当時、考えごとをしていて、時速10キロのスピードで漫然と右折しようとしたということです。

これまでの調べに対して「被害者に申し訳ないことをした」と話し、謝罪しているということです。