教育再生実行会議 高校普通科の見直しを提言

教育再生実行会議 高校普通科の見直しを提言
k10011919791_201905171937_201905172008.mp4
今の高校の普通科について、政府の教育再生実行会議は画一的な学びが、生徒の学習意欲に悪影響を及ぼしているとして、安倍総理大臣に見直すよう提言しました。
実行会議の提言では、高校生のおよそ7割が通う普通科について、「一斉的・画一的な学びは、生徒の学習意欲に悪影響を及ぼしている」として、見直しが必要だとしています。

そのうえで、学校ごとに特徴ある教育ができるよう国が学習の方向性を類型化して示し、学校が選べるようにすべきだとして、文部科学大臣の諮問機関、中教審=中央教育審議会での具体的な検討を求めています。

類型化の例としては、グローバルに活躍するリーダーの育成、サイエンスとテクノロジー分野での技能の育成、地域課題の解決を通じた探求的な学びの重視、みずからのキャリアを描く力の育成の4つを挙げています。

また、文系・理系の科目をバランスよく学ぶ仕組みを作り、それに伴って今の大学入試を見直すことも必要だとしています。

一方、技術の進展に応じて、学校のICT=情報通信技術の機器を安く調達することの必要性なども指摘しています。

安倍総理大臣は「『令和』の時代を迎え、初めての提言であり、一人一人の日本人があすへの希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる日本となるよう教育再生を着実に実行していきたい」と述べました。

文科相「全力を尽くす」

柴山文部科学大臣は会議のあと記者団に対し、「生徒たちの学ぶ意欲を高めるためにも高校の在り方、特に普通科の改革が極めて重要だ。現場での意見も含めて中教審で具体的な提案を練り上げてもらうことになるが 私も責任者として、提言を着実に実行するために全力を尽くしていく」と述べました。