富山の駐在所襲撃 元大学生を強盗殺人未遂などの罪で起訴

富山の駐在所襲撃 元大学生を強盗殺人未遂などの罪で起訴
ことし1月、拳銃を奪う目的で富山市の駐在所に押し入り、警察官にけがをさせたとして、富山大学の元大学生が強盗殺人未遂などの罪で起訴されました。
起訴されたのは富山大学の元学生、前田将輝被告(22)です。

起訴状などによりますと、前田被告はことし1月、拳銃を奪う目的で富山市の池多駐在所に押し入り勤務していた警察官をハンマーで殴りつけたり、小刀で切りつけたりして軽いけがをさせたとして、強盗殺人未遂などの罪に問われています。

実際に拳銃は奪われませんでしたが「拳銃で自殺しようと思った」という趣旨の供述をしたことから精神鑑定が行われ、検察は結果を受けて刑事責任が問えると判断しました。