菅官房長官「不信任決議案提出 解散の大義に」認識示す

菅官房長官「不信任決議案提出 解散の大義に」認識示す
k10011919651_201905171809_201905171809.mp4
「衆参同日選挙」をめぐって与野党双方からさまざまな見方が出るなか、菅官房長官は記者団の質問に答える形で、通常国会の終盤に安倍内閣に対する不信任決議案が提出された場合、国民に信を問うため、衆議院を解散する大義になり得るという認識を示しました。
夏の参議院選挙に合わせた「衆参同日選挙」をめぐっては、堅調な内閣支持率を背景に、安倍総理大臣が衆議院解散に打って出るのではないかなどと、与野党双方からさまざまな見方が出ています。

これに関連して菅官房長官は午後の記者会見で、記者団が「野党側が国会に内閣不信任決議案を提出した場合、国民に信を問うため衆議院を解散する大義になると思うか」と質問したのに対し、「それは当然なるのではないか」と述べ、衆議院を解散する大義になり得るという認識を示しました。