小池都知事 「丸山議員の発言は論外 みずから進退判断を」

小池都知事 「丸山議員の発言は論外 みずから進退判断を」
北方四島を戦争で取り返すことの是非などに言及した丸山穂高衆議院議員について、東京都の小池知事は「発言は論外だ」と批判したうえで、丸山議員は有権者の意見も踏まえて、みずから出処進退を判断すべきだという認識を示しました。
北方四島の「ビザなし交流」に参加して、戦争で島を取り返すことの是非などを元島民に質問した丸山穂高衆議院議員は、日本維新の会から除名処分を受け、立憲民主党など野党6党派は17日、議員辞職勧告決議案を衆議院に共同で提出しました。

これについて東京都の小池知事は記者会見で、「『ビザなし交流』を行えるようになるまでの過程もいろいろな苦労があってのことで、今回の発言は論外と言わざるをえない。積み重ねてきたさまざまな接点をちゃぶ台返しするようなものだ」と述べ、丸山議員の発言を批判しました。

そのうえで、野党6党派による議員辞職勧告決議案の提出については「議会が丸山議員を辞めさせる効力があるかと言ったら、それはない。本人が出処進退を決めるべし、という原則があるが、最終的には有権者が決めることではないか」と述べ、丸山議員は有権者の意見も踏まえて、みずから出処進退を判断すべきだという認識を示しました。