スピードスケート小平奈緒選手 引退の韓国イ選手にねぎらい

スピードスケート小平奈緒選手 引退の韓国イ選手にねぎらい
ピョンチャンオリンピック、スピードスケート女子500メートルの金メダリスト、小平奈緒選手が同じ競技のライバルだった韓国のイ・サンファ選手の現役引退を受けて「さみしい気持ちと感謝の気持ちが入り交じっています」というコメントを出しました。
去年のピョンチャンオリンピックで小平選手に敗れて銀メダルだったイ選手は16日、ソウルで会見を開いて引退を発表しました。

これを受けて小平選手は17日、コメントを発表し「これまでともに高みを目指してきた仲間が競技から退くときがきて、さみしい気持ちと感謝の気持ちが入り交じっています」と心境をつづりました。

小平選手とイ選手はライバルでありながら親しい友人でもあり、ピョンチャン大会では、レース後に金メダルの小平選手がオリンピック3連覇を逃して涙ぐむイ選手の肩を抱いて寄り添ったことが多くの人の感動を呼びました。

また小平選手はピョンチャン大会のあとはイ選手の持つ女子500メートルの世界記録更新を目標としており「もっと先のことであってほしいという思いでした」と引退を惜しみました。

そして「ここまで頑張ってきた心と体をまず休めて、次の新しい人生をすがすがしい気持ちで元気よく歩み出してほしいと願っています。お疲れ様、そしてありがとう」とねぎらいました。