体育大会の練習で熱中症か 小学生29人搬送 福井 鯖江

体育大会の練習で熱中症か 小学生29人搬送 福井 鯖江
17日午前、福井県鯖江市の小学校で18日の体育大会の練習をしていた児童が熱中症とみられる症状を訴えて、合わせて29人が病院に運ばれ、このうち15人が熱中症と診断されました。いずれも症状は軽いということです。
17日午前10時半すぎ、鯖江市神明町の鳥羽小学校から、「児童が熱中症のようだ」と消防に通報がありました。

消防が駆けつけたところ、児童が頭痛や吐き気など、熱中症とみられる症状を訴えていて29人の児童が病院に運ばれ、このうち15人が熱中症と診断されました。いずれも症状は軽いということです。

当時、小学校のグラウンドでは、およそ470人の全校児童が参加して、18日開かれる予定の体育大会の練習が行われていたということです。

学校では午後からの授業を取りやめ、全員下校させる措置をとりました。

鳥羽小学校は記者会見を開き、田賀秀子校長は「ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げたい」と陳謝したうえで、熱中症に備えて休憩時間を延長するなどの対応を取っていたものの、「急に暑くなったことで防ぎきれなかった」などと説明しました。

福井地方気象台によりますと、鯖江市に隣接する福井市では、午前10時半の時点で気温が26度と夏日になっていました。