「そんたく」発言の道路 野党5党派が衆院に調査申し入れ

「そんたく」発言の道路 野党5党派が衆院に調査申し入れ
前の国土交通副大臣が、安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言した道路整備をめぐり、立憲民主党など野党5党派は、衆議院規則に基づいて、国の直轄で調査を行う事業として認められた経緯を調査するよう衆議院に申し入れました。
山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備をめぐり、塚田前国土交通副大臣は安倍総理大臣と麻生副総理兼財務大臣の意向を「そんたくした」と発言し、辞任しました。

これを受けて、立憲民主党など野党5党派は、道路整備が国の直轄で調査を行う事業として認められた経緯を明らかにするため、衆議院規則に基づいて調査を行うよう衆議院に申し入れました。

立憲民主党の川内博史氏は記者団に対し、「『政治的そんたく』によって、国直轄の調査に格上げされたものなのかを明らかにすることが、今後の行政の透明性や国民の納得につながる」と述べました。