大河ドラマ「いだてん」 新たな出演者を発表

大河ドラマ「いだてん」 新たな出演者を発表
k10011919351_201905171428_201905171428.mp4
NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の第2部に、麻生久美子さんや薬師丸ひろ子さんなど、9人が新たに出演することになりました。
「いだてん~東京オリムピック噺~」は、昭和39年の東京オリンピックまでの半世紀にわたる日本とオリンピックとの関わりを描くドラマで、来月30日から第2部がスタートします。

17日、東京 渋谷のNHK放送センターで、第2部の主人公の新聞記者、田畑政治の役を演じる阿部サダヲさんも出席して、新たな出演者9人が発表されました。

このうち、主人公の妻の酒井菊枝の役を、麻生久美子さん、主人公が影響を受ける行きつけのバーのママの役を薬師丸ひろ子さんが、それぞれ演じることになりました。

麻生さんは、「大河ドラマは久しぶりでとても緊張していましたが、和やかでとても楽しい現場です。田畑を支える女性をしっかり演じたい」、薬師丸さんは「マリーは架空の人物ですが、趣味の占いで田畑の人生に関わっていく。占いが当たるか当たらないか、ぜひ楽しんでほしい」と話していました。

このほか、主人公の同僚、河野一郎の役を桐谷健太さん、上司の政治部長、緒方竹虎の役をリリー・フランキーさんがそれぞれ演じます。

また、ことし3月に亡くなった萩原健一さんが、政治家の高橋是清の役で出演します。

萩原さんと共演した阿部さんは、「病気とは気付かないくらいの様子でした。現場ではとても真剣に芝居に取り組んでいて、熱心で、それでいて楽しそうだったのが印象的でした」と話していました。