安倍首相 夏の参院選で憲法改正訴えるべき

安倍首相 夏の参院選で憲法改正訴えるべき
憲法改正をめぐって、安倍総理大臣は自民党の下村憲法改正推進本部長と会談し、夏の参議院選挙で憲法改正を訴えるべきだという考えを示しました。
安倍総理大臣は総理大臣官邸で、自民党の下村憲法改正推進本部長と会談しました。

この中で下村氏は、推進本部の取り組み状況や党内の各派閥に憲法改正について議論する勉強会を始めるよう呼びかけたことなどを報告しました。

これに対し、安倍総理大臣は夏の参議院選挙で、憲法改正を訴えるべきだという考えを示しました。