丸山議員への辞職勧告決議案 野党側が共同提出呼びかけ

丸山議員への辞職勧告決議案 野党側が共同提出呼びかけ
北方四島を戦争で取り返すことの是非などに言及した丸山穂高衆議院議員への対応をめぐり、衆議院議院運営委員会の与野党の筆頭理事が会談し、野党側は丸山氏に対する議員辞職勧告決議案を共同で提出するよう、与党側に呼びかけました。
衆議院議院運営委員会の与野党の筆頭理事は17日、国会内で会談し、北方四島を戦争で取り返すことの是非などに言及し、日本維新の会から除名処分を受けた丸山穂高衆議院議員への対応をめぐって協議しました。

この中で、野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の手塚仁雄氏は「丸山氏の暴言や経緯を考え、分水れいを超えていると判断した」として、丸山氏に対する議員辞職勧告決議案を共同で提出するよう呼びかけました。

これに対し、与党側の筆頭理事を務める自民党の菅原一秀氏は、持ち帰って検討する考えを示しました。

このあと、手塚氏は記者団に対し「与党から一緒に提出するという返事が来れば、ほぼ全会派一致で提出することになるが、共同提案ができないということであれば、野党6会派できょう、提出したい」と述べました。

自民 菅原氏「総合的に判断したい」

衆議院議院運営委員会の与党側の筆頭理事を務める自民党の菅原一秀氏は記者団に対し、「丸山氏の発言は断じて看過できず、院として相応の意思を示したいが、言動によって議員を辞めるべきかどうかは総合的に判断していきたい」と述べました。

共産 笠井政策委員長「極めて重大な問題」

共産党の笠井政策委員長は記者会見で、「衆議院全体にとって極めて重大な問題で、『戦争発言』は憲法違反だ。領土問題を解決するために外交努力が必要な時に、衆議院から派遣された国会議員が『戦争発言』をして許していいのか。辞職勧告決議案を全会派で提出して採決し、辞職を迫ることが大事だ」と述べました。