イージス・アショア環境調査 防衛相「結果に大きな問題なし」

イージス・アショア環境調査 防衛相「結果に大きな問題なし」
政府が秋田市と山口県萩市に配備する方針の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐり、岩屋防衛大臣は、地元で行った環境調査の結果について「大きな問題はなかった」と述べ、今月下旬にも地元自治体に配備の意義を説明し、理解を得ていきたいという考えを示しました。
政府が秋田市と山口県萩市の自衛隊演習場に配備する方針の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」をめぐり、防衛省は地元住民の懸念などを受けて、予定地周辺でレーダー電波の人体や周辺環境への影響調査や、地質調査などを行ってきました。

これについて岩屋防衛大臣は、閣議のあと記者会見で「調査結果を取りまとめているところだが、目下のところは大きな問題はないと聞いている。現地にはできるだけ早く詳細を説明したい」と述べ、今月下旬にも、配備に適しているとする調査結果を地元自治体などに説明する考えを示しました。

そのうえで「ミサイル防衛は日本の防衛の1つの大きな柱になる。これまではイージス艦による防衛などで進めてきたが、イージス・アショアを配備することで体制が充実したものになる」と述べ、地元に配備の意義を丁寧に説明し、理解を得ていきたいという考えを示しました。