トランプ大統領「イランとの戦争望まない」米紙報道

トランプ大統領「イランとの戦争望まない」米紙報道
k10011919031_201905171225_201905171225.mp4
イラン情勢をめぐって、アメリカの有力紙はトランプ大統領が今週、シャナハン国防長官代行に対し、イランとの戦争は望まない考えを伝えたと報じました。政権内での意見の違いも報じられる中、トランプ大統領としては、イランに対する軍事攻撃に慎重な姿勢を示したものと受け止められています。
ニューヨーク・タイムズが16日、トランプ政権の複数の当局者の話として報じたところによりますと、トランプ大統領は15日、ホワイトハウスで行われた、イランへの今後の対応について検討する会議で、シャナハン国防長官代行に対し、イランとの戦争は望まない考えを伝えたということです。

トランプ大統領は16日、ホワイトハウスで記者団から「イランと戦争するのか」と問われた際も「そうなることは望まない」と述べました。

イランへの対応をめぐって、トランプ政権内では対イラン強硬派のボルトン大統領補佐官らが軍事攻撃に向かうような計画を進めているとして、トランプ大統領が憤ったとも伝えられていて、政権内で意見の違いがあるとみられています。

アメリカは中東に原子力空母と爆撃機の部隊を派遣するなどして、イランへの圧力を強めていますが、トランプ大統領としてはイランとの本格的な戦争につながるおそれのある軍事攻撃には慎重な姿勢を示したものと受け止められています。