米大統領 新たな移民政策を提案 影響は不透明

米大統領 新たな移民政策を提案 影響は不透明
アメリカのトランプ大統領は、移民政策をめぐって、高い専門技能を持つ人やアメリカ国内で事業計画がある人などを優先して移民として認めるとする新たな提案を発表しました。しかし、提案に法的な拘束力はなく、移民政策にどの程度、影響を与えるか不透明です。
トランプ大統領は16日、移民政策をめぐってホワイトハウスで演説し、「われわれは多くの移民にアメリカに訪れてほしいが、相応の能力を持ち、アメリカ社会への利益をもたらす移民に来てもらわなければならない」と述べ、新たな提案を発表しました。

提案では、アメリカへの移民を希望する人には、英語力や市民としての適性を試す試験の受験を義務づけたうえで、高い専門技能を持つかどうかやアメリカ国内で雇用をもたらす事業計画があるかどうかなどに応じて点数をつけ、高い得点の人を優先して移民として認めるとしています。

トランプ大統領としては、移民政策について新たな提案を行うことで、支持者へのアピールにつなげたいねらいがあるとみられます。ただ、提案に法的な拘束力はなく、大統領が就任以来訴えてきた不法移民への対策も盛り込まれておらず、アメリカの移民政策にどの程度、影響を与えるか不透明です。