大相撲夏場所6日目 5連勝の鶴竜 平幕の大栄翔と対戦

大相撲夏場所6日目 5連勝の鶴竜 平幕の大栄翔と対戦
大相撲夏場所は6日目、17日から中盤戦です。序盤を5連勝とした一人横綱の鶴竜は、平幕の大栄翔と対戦します。
大相撲夏場所は、新大関の貴景勝が右ひざのけがで16日、5日目から休場し、初日から休場した横綱 白鵬に続いて序盤で看板力士の1人が不在となりました。

序盤を5連勝で終えた一人横綱の鶴竜は、6日目の17日、前頭2枚目の大栄翔と対戦します。

過去2回の対戦はいずれも鶴竜が勝っていますが、このところ大栄翔も地力をあげ、突き押しの威力が増してきていて、16日は、大関 豪栄道を「突き出し」で破りました。
鶴竜が序盤戦と同様にしっかり立ち合いで踏み込んでまわしを引けば断然優位ですが、大栄翔が立ち合いで勝り、横綱を引かせる展開になれば、勝負はわからなくなります。

関脇に陥落した栃ノ心は、5連勝と大関復帰に向けてこれ以上ない形で序盤戦を終え、6日目は逸ノ城との関脇どうしの一番です。

過去の対戦は、栃ノ心が14勝5敗と大きくリードしていますが、互いに右四つどうしがっぷりと組み合っての力勝負が期待されます。

前頭8枚目の朝乃山は、平幕でただ一人勝ちっ放しで、前頭10枚目の阿武咲と対戦します。組み止めれば朝乃山、突き放す展開になれば阿武咲が優位になりそうです。