高校の普通科 見直しなど提言へ 教育再生実行会議

高校の普通科 見直しなど提言へ 教育再生実行会議
k10011918731_201905170507_201905170508.mp4
今の高校の普通科について、政府の教育再生実行会議は、画一的な学びが生徒の学習意欲に悪影響を及ぼしているとして、安倍総理大臣に普通科の見直しなどを提言することにしています。
政府の教育再生実行会議は、高校生のおよそ7割が通う普通科の在り方をめぐって議論を重ね、「一斉的・画一的な学びは、生徒の学習意欲に悪影響を及ぼしている」としています。

このため、今の普通科を見直し、学校ごとに特徴のある教育ができるよう、国が学習の方向性を類型化して示し、学校が選べるようにすることが必要だとしています。

類型化の例としては、グローバルに活躍するリーダーの育成など4つを挙げていて、文部科学大臣の諮問機関、中教審=中央教育審議会での具体的な検討を求めています。

また、文系・理系の科目をバランスよく学ぶ仕組みを作り、それに伴って今の大学入試を見直すことも必要だとしています。

一方、実行会議では、技術の進展に応じて、学校のICT=情報通信技術の機器を安く調達することの必要性なども指摘しています。

教育再生実行会議は、17日、普通科の見直しなどを安倍総理大臣に提言することにしています。