パ・リーグ首位のソフトバンク 連敗を3で止める

パ・リーグ首位のソフトバンク 連敗を3で止める
プロ野球はナイトゲーム4試合が行われ、パ・リーグは、首位のソフトバンクが連敗を3で止めました。

パ・リーグ

ソフトバンク対西武は、ソフトバンクが5対1で勝ち、連敗を3で止めました。

ソフトバンクは同点の7回に甲斐選手のソロホームランで勝ち越し、8回には先制のホームランを打ったグラシアル選手の2点タイムリーヒットなどで3点を加えました。先発した2年目の高橋礼投手はプロに入って最も長い8回を投げ、1失点にまとめ、リーグトップに並ぶ5勝目を挙げました。
西武は連勝が3で止まりました。

楽天対日本ハムは、日本ハムが2対0で勝ちました。

日本ハムは7回、平沼選手のタイムリーツーベースで均衡を破り、8回には近藤選手のタイムリーで追加点を挙げました。先発の加藤投手が5回無失点と好投し、その後は4人の投手でつないで得点を許しませんでした。2人目の堀投手が2勝目を挙げました。
楽天は、打線がヒット2本に抑えられ、7回1失点と好投した辛島投手を援護できませんでした。

ロッテ対オリックスは、ロッテが9対2で勝ちました。

ロッテは、2対2の同点の6回、今シーズン初めて3番に入った清田選手のタイムリーヒットで勝ち越し、その後もオリックスの守備の乱れをついて一挙に4点を奪ってリードを広げました。先発の種市投手は6回を2失点にまとめ、負けなしの3連勝です。
オリックスは、好投を続けてきた山本投手が味方のエラーで崩れました。

セ・リーグ

DeNA対中日は、中日が3対2で勝ちました。

中日は、1対1の同点の7回に福田選手のタイムリーヒットで勝ち越し、8回には平田選手のソロホームランでリードを広げました。先発のロメロ投手は7回1失点で3勝目、抑えの鈴木博志投手が12個目のセーブを挙げました。
DeNAは、2点を追う9回、1アウト二塁三塁と攻めましたが、反撃は1点止まりで、負け越しが今シーズン最多に並ぶ11になりました。