女子テニス大坂 全仏前哨戦 ストレート勝ちで3回戦へ

女子テニス大坂 全仏前哨戦 ストレート勝ちで3回戦へ
女子テニスの世界ランキング1位、大坂なおみ選手は16日、四大大会の第2戦、全仏オープンの前哨戦として、イタリアのローマで開かれているツアー大会で初戦の2回戦に臨み、スロバキアの選手にストレートで勝って3回戦に進みました。
大坂選手の初戦の2回戦は当初15日に予定されていましたが、雨のため16日に順延され、世界33位でスロバキアのドミニカ・シブルコワ選手と対戦しました。

大坂選手は第1セットの第3ゲームで先にサービスゲームをブレークされましたが、その後は要所で力強いストロークがさえ、リターンエースでポイントを奪うなどして相手のサービスゲームを2つブレークして、6-3で取りました。

第2セットは、大坂選手がラリーで粘り強いストロークを見せ、ネット際のドロップショットなどでもポイントを重ね、このセットも6-3で取って、セットカウント2対0のストレートで勝ち、3回戦に進出しました。