タンス預金5000万円盗まれる 独居の80代女性宅 宇都宮

タンス預金5000万円盗まれる 独居の80代女性宅 宇都宮
k10011918651_201905162054_201905162054.mp4
宇都宮市で、1人暮らしをしている80代の女性の自宅から現金およそ5000万円がなくなったことが分かり、警察は窃盗事件として捜査しています。
16日昼前、宇都宮市峰の住宅で、この家に住む80代の女性が外出先から戻ったところ、窓ガラスが割られ、家の中が荒らされているのを見つけました。

通報を受けた警察が確認したところ、複数の部屋で物色された形跡があったほか、いわゆるタンス預金として自宅に保管されていた現金およそ5000万円がなくなっていたということです。

女性はこの家で1人暮らしをしているということで、警察は、留守にしていた16日午前10時から11時半までの間に何者かが忍び込んだと見て、窃盗事件として捜査しています。